Sample Company

卒業後の主な進路

◎日本の大学を休学し、参加する◎

◎日本の大学を卒業し、参加する◎

卒業後の主な就職/進路先

◎日本帰国後の就職◎
㈱全日本空輸、㈱キーエンス、㈱白鶴酒造、㈱アクセンチュア、㈱リクナビ、地方市役所 など

◎ドイツ現地就職◎
JTB Germany GmbH、MUJI Deutschland GmbH、Nitzsche Language & Consulting e.K など

◎ドイツの大学への進路◎
Goethe University Frankfurt、Deutsche Sporthochschule Köln、Gestaltung Offenbach など

卒業生の声

今まで在籍した卒業生の声をご紹介します。

◎2013年度 インターン生 籾山 健さん
私の人生を変えた瞬間、それはドイツ渡航を決断した瞬間でした。
始めはドイツ語はもちろんの事、海外生活の事も全く分かりませんでした。本プログラムでの関わりを通して自分自身を成長させる事が出来ました。その結果、帰国後憧れだった職に就く事が出来ました。このドイツでの経験がなかったら夢を夢のままで終わらせてしまっていたと思います!
◎2014年度 インターン生 岩淵 優里奈さん 岡坂 健太郎さん
本プログラムを通して、色々な経験をさせてもらいました。 イタリア ミラノでの大会参加や、スペイン マヨルカ社員旅行、フランス パリ遠征などドイツ 以外の国々での活動もとても良い想い出です! 現地チームにも所属し、毎週末の試合は日本では経験できない体験でした!
ブログ:インターン生のその後(岩淵)
◎2015年度 インターン生 川口裕治さん 河内友孝さん 武村昂紀さん 
3名共にそれぞれの目標をもってインターンシップに参加しました。
サッカートレーナーになる!スポーツ通訳/翻訳の仕事に就く!地元のJリーグサッカーチームを発展させる為に!など、想いは夫々ですが、自分の将来設計をしっかり計画してプログラムに参加してます!
武村さんは「トビタテ!留学JAPAN」の第三期生でもあります。
◎2016年度 インターン生 小川雄士さん 土屋亮泰さ
小川:私は自分のやりたい事を日本で見つける事が出来ずに、何かを見つけにドイツに来ました。当インターンシップでの海外活動でやりたい事を見つけることができました!
土屋:私はドイツサッカーを経験する事と、自分のサッカーチームを作ることを目的にインターンシップに参加しました。ドイツサッカーでは6部のチームに加入することができ、サッカーチーム作りではブリュッセルチームの立ち上げに携わる事が出来てよい経験を積めました!
◎2017年度 インターン生 青木 崇さん 浦島 直生さん
青木:残りの大学生活をサッカーに費やすためにドイツに来ました!そして、単なるサッカー留学ではなく、将来の為も考えてインターンシップに参加しました。サッカーだけでなく、様々なプロジェクトに関わり、満喫した1年で、帰国するときは涙物でした。
浦島:私はドイツ指導者ライセンスを取得する為に、当インターンシップに参加しました。初年度からドイツの地元チームのサブトレーナーとして活動し、C級ライセンスの取得に挑戦しております!
◎2018年度 インターン生 利重 亮太さん 迫田 哲さん 水谷 奏斗さん
利重:サッカートレーナーの勉学の為に渡独しました。業務部署はトレーナー部署に所属し、主な業務はシュトッツガルトのスクール立ち上げと専任コーチとして業務に就かせて頂きました。指導現場を多く頂き、ドイツ1年目として充実した日々を過ごし、来年から指導者ライセンスに挑戦します!
迫田:海外でのビジネスの現場を経験する為に渡独しました。業務部署はプロジェクトマネージメント部署に所属し、インターンシッププログラムの改革や、広報活動などを行わせて頂きました。ゼミナールでビジネススキルも学べて、実践能力も学べてとてもよかったです。
水谷:サッカープレーヤーとビジネスの両立をする為にこのインターンシップに参加しました。業務部署はイベント企画部署に所属し、新しい大がかりなイベントの企画から実施を行いました。プレーヤーとしては7部リーグのベスト11などに選出されたり、活躍できました。