Sample Company

Stretch School in Frankfurt

18歳以上を対象にした、少人数制のストレッチスクールです。 持続可能な、効率の良い動きをテーマに、ストレッチと身体の動かし方を習得していきます。 身体を柔らかくしたい、運動不足を解消したい方にお勧めです。

latest information
January: 個別メニュー:各自自分のストレッチメニューを行う
February: 個別メニュー/転び方と手足の着き方:日常生活の場面を想定し、転び方の練習、その際の手足の着き方
March: 個別メニュー:各自自分のストレッチメニューを行う
April: 歩行①:短い距離を繰り返し歩く練習&止まり方
講義①「応急処置」:A&B合同講義
May: 個別メニュー:各自自分のストレッチメニューを行う
(※ラジオ体操)
June: 歩行②&方向転換:足の着き方
Before & After鑑賞会
July: 歩行③:長距離ウォーキング&ジョグ
August: コーディネーション①:様々な足の運び、リズムで動く
September: 個別メニュー:各自自分のストレッチメニューを行う
October: 個別メニュー
講義②「心と身体」:A&B合同講義
November: 個別メニュー:各自自分のストレッチメニューを行う
December: 個別メニュー:撮影After Before & After鑑賞会
※新規の方には0から教えます。
※内容は参加者の習熟度を考慮し、変更する可能性があります。

Schedule

About stretch

ストレッチには大きく分けて2種類あります。
静的ストレッチ: 限界まで身体を伸ばし、20~30秒間キープするストレッチ
動的ストレッチ: 動的ストレッチ-身体の様々な部分をリズミカルに動かすストレッチ

国連サッカー連盟である「FIFA」はウォーミングアップ・プログラムとして、動的ストレッチを推奨しています。

ストレッチの効果と重要性
固まった筋肉がほぐれ身体が柔らかくなる 筋肉がほぐれると血行が促進され、疲労物質の除去が進み、怪我や疲労の早期回復効果があることが明らかになっています。腰痛や肩こりの予防、改善にも効果的です。またスポーツ中や道で転んだ時などに、身体が柔らかいと怪我をしにくくなります。
リラクゼーション効果 ストレッチ後は副交感神経が活発になり、身体がリラックスした状態になるということが明らかになっています。気分をリフレッシュすることができ、ストレスの緩和にも繋がります。
ダイエット効果 ストレッチ自体は運動強度が低く、消費エネルギーが少ない為、ダイエットの為にストレッチのみを行うことはあまり効果的ではありません。ただし、ストレッチを行い身体を柔らかく、しなやかに動かせるようになると、同じ有酸素運動やトレーニングを行ってもエネルギーの消費やトレーニングの効果が大きくなります。身体が柔らかいと、関節の動く範囲が広くなり、全身を大きく動かせるためです。

ストレッチは無理のない動きで、継続することが大切です。日常生活がより快適に過ごせる、またスポーツ中に良いパフォーマンスを発揮できるという効果が期待できます。

当ストレッチスクールでは、動的ストレッチと動き方のエクササイズの両方を組み合わせ、肩甲骨周辺と股関節周辺の柔軟性アップを重点的に行い、みなさんのコンディションアップを目指します。

Dynamic Stretch & exercise

・Sustainable Trainingに基づいた動的ストレッチとエクササイズを行います

英語でSustainable/サスティナブルとは「維持できる、持続可能な」という意味です。
「筋肉内の血流を維持しつつ行う動き」を重視した有酸素トレーニングで、筋肉内の血流を維持、又は動かすことで、より血流を増加させることができるトレーニングです。

・なぜ筋肉内の血流の維持がそんなに重要なの?

筋肉は収縮と弛緩を繰り返すことで、全身ポンプの様に血液の循環、特に静脈血(全身を回った血 液)を心臓へ送り返す重要な役割を果たしています。筋肉が持続的に収縮と弛緩を繰り返す為には、酸素と栄養の供給、つまり血液の供給が必要になるわけです。

・Sustainable Trainingの特長

  1. 弾むようなリズムで身体を動かす。力まない。
  2. 筋肉の伸張反射に限りなく近いシステムを利用し、筋の弾力性を引き出し、省エネで大きなパワーを発揮できる。
  3. 習得に時間を要するが、自宅で手軽に行え、子供からお年寄り、身体に障害のある方、リハビリ中の方など、どなたでも行うことができる
  4. しんどくない、その名の通り持続可能なトレーニング

・Sustainable Trainingの効果

ストレッチの主な効果に加え、肩甲骨と股関節の柔軟性がアップする為、身体を動かしやすく、胸が開き、姿勢が良くなります。そして、体幹を中心にしなやかな筋肉が、身体の先端に行くほどスリムに、バランス良く筋肉が発達します。

Yearly program

    2018年の目標
  1. 個別メニュー化の実施
  2. 個人の身体的特徴を考慮しサスティナブルトレーニングを行うことで更なるコンディションアップを図る。できる人は徐々に負荷をかけて筋力アップを図る。
  3. 講義を2回実施
  4. 身体についての知識や故障&病気の予防又は対処方法の知識を身に付け、実際の生活に役立ててもらう。
  5. 基本動作の改善
  6. 人間の基本的かつ重要な動きである日常生活の動作に注目し、サスティナブルな効率良い動きを身に付ける。故障や怪我の予防の為に身体で覚え、動ける身体を維持する。

今まで気づいていなかった身体の使い方、身体を動かす楽しさと難しさの両方が味わえるストレッチスクールです。自分の身体をもっと知るいいチャンスです。 詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

Contents - 60min-

  1. 柔軟性を記録していくことにより、ストレッチとエクササイズが上手くできているかと、身体の変化がはっきりわかります。
    モチベーションアップ、楽しみにもつながります。
  2. 1コース8人の少人数制なので参加者の習得状況に応じて、丁寧に進めていきます。 運動初心者でも安心して参加して頂けます。
  3. スクール途中参加者は入会初日、コース開始の10分前に来て頂きます。
    柔軟性チェックの写真撮影と、スクール内容について簡単な説明を受けて頂きます。
  4. 撮影した各参加者の動作、柔軟性チェック表をもとに、3か月以上の参加者全員に「Before&After評価表」を作成し、差し上げます!

講師が参加者の動きの特長や癖を捉え、アドバイス、コメント、今後の課題を書き込みます。
※身体に徐々に変化が現れるのは、トレーニングを継続して、およそ1か月程度を目安に考えております。個人差がありますのであくまでも目安にお考えください。

Information

目的: ・生涯を通して続けられる運動の提供
・身体を動かす事の楽しさを体験する機会の創出
・無理のない運動で健康な身体をつくるストレッチの認知向上
開催日:
毎月3回 日曜日
11~2月:Aコース 10:15 - 11:15 /Bコース12:30 - 13:30
3~10月:Aコース  9:15 - 10:15 / Bコース12:30 - 13:30
 ※3~10月で悪天候の場合はOfficeで行います。
実施地区: フランクフルト
実施場所: KM Sports Office 室内 (Hausener Weg 37, 60489 Frankfurt am Main )
対象: 18歳以上で妊娠及びその可能性のない方
定員: 各コース8名
講師:  岡村 麻衣子(マイケルコーチ)
Terramedus Akademie, Personal Trainer/Sporttherapeut 資格 保持
月謝: 45ユーロ(36.45 € + 8.55 € MwSt)
集金方法: 2か月毎の集金。1,3,5,7,9,11月の1回目のコース開始前に集めます。
必要な物: タオル、動きやすい服装、飲み物、平らな靴(靴底が平らでAirが入っていない運動靴
入会: いつからでも入会頂けますが、お申し込み受け付けは先着順とし、ご希望のコースが定員に達しました場合はウエイティングリストにてお待ち頂きます。尚、キャンセルや退会者等が出た場合、及びコースが新たに開講される場合は事務局より連絡、入会の意思があるか御確認致します。
見学&体験: 初回は無料で体験して頂けます。コースと日程を調整致しますので、お気軽にご連絡ください。
【見学】見学のみご希望の方は申し込みは必要ありません。当日、直接開催場所付近にお集まりください。
【体験】初回は無料で体験して頂けます。 コースと日程を調整致しますので、まずはお気軽にご連絡ください。
規約: スクール規約2017年度版 Download
お問い合わせ先: 体験会ご希望の方は、お名前、メールアドレス、電話番号、ご希望のコースを記入の上、下記担当の岡村までメールでお気軽にご連絡ください。
岡村麻衣子( maiko.okamura@km-sports.com)
FACEBOOK:

※注意※
心臓病、高血圧、糖尿病の疾患のある方は事前にかかりつけ医に相談し、お問い合せの際に必ずご連絡ください。病状によっては、参加をお断りする場合がございますのでご了承ください。

<< 前のページに戻る